Vol.12 ミュージカルにおけるバレエの役割      小川紗世


このミュージカルコースでクラシックバレエを指導するにあたって、常に念頭においていることがあります。
ミュージカルにおけるクラシックバレエの役割とは…ということです。

この学校では、小さい頃からバレエやダンスを習っていた学生もいますが、バレエもダンスも全くしたことがないという学生もたくさんいてます。

でも、私は年度初めの顔合わせの時に毎回(まだ2年目ですけどね(笑))経験者・未経験者にかかわらず、全員基礎の基礎である立ち方からはじめていくことを伝えます。
解剖学に基づいた、筋肉や骨の動きを感じながらのバーレッスン、センターレッスンではそれに加えて表現・音楽性・舞台に立つにあたっての心構えなど…伝えたいことはたくさんありますが、基本、難しいテクニックを詰め込んだりしません。

バレエ経験者にとっては簡単すぎると感じることもあると思います。
でもそういう人達こそ、一旦立ち止まり考えて欲しいのです。
たくさん回れたり、飛べたり、いろんなテクニックができる…みなさんは何を気をつけて、身体のどの部分をどのように使い・感じながら稽古をしていますか?
若い時は勢いや身体の条件に任せて踊りがちです。でも、それではいつか怪我をして、長く舞台で活躍することはできないし、プロとして確実なものを観せるには、やはり基礎をしっかり固めることが必要なのです。

そして、未経験者はどうしても、経験者に引け目や劣等感を抱き、レッスンの取り組み方も消極的になりがちです。
昨日より今日、そして1ヶ月、1年後どうなりたいか、自分のビジョン・目標を立て、地道ですが、ひとつひとつステップアップしてほしいです。他人ではなく自分自身と比べてほしいのです。
その為には稽古場で人の後ろで隠れたり、わからないことをわからないまま終わらせないで、今日できなかったことは次回できているようにすることが大切です。


プロは舞台で失敗はできません。常に確実を求められます。昨日は回れたけど今日は回れない…なんてことがないよう、自身の身体のコンディションを常に整える必要があります。
バレエは自分自身の身体と向き合い、その日のコンディションを知り、整えるのにとても有効だと思いますし、それはダンスだけでなく歌やお芝居にも応用することができると思います。

バレエはバレエダンサーだけのものではありません。様々な場面でバレエを有効活用していましょう!!

コメント

非公開コメント

プロフィール

daionmusical

徒然(つれづれ)DAION ミュージカル」へ ようこそ!
大阪音楽大学ミュージカルコースのスタッフ陣が、日常の中で感じた事、考えたこと、新たに発見したことを書き連ねていきます。