「湖底のブラームス」 客演 山川大樹さん

来て下さる時は、いつも思いもよらぬ展開となり、稽古場は爆笑の渦に・・・
エエ声で観客を魅了してくださった山川大樹さんが、感想を寄せてくださいました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

DAIONミュージカル第9回公演「湖底のブラームス」の大成功、本当におめでとうございました。
私自身もこの公演に参加できて、本当に有り難く思います。

ご覧頂いた方は良くお分かりだと思います。
私の演じさせて頂いた「政府高官・ケスラー」は間違いなくシリアス色の強い本作品における「コミックリリーフ」の一人でした。

実際のところオペラの現場でも私はコミックリリーフを担当することは多く、いやもうそれはそれは本当に多く。
少し別の路線もあるかと思い、ここ最近はオペラのコミック役を意図的にセーブしておりました。
今回のお話も「楽器職人の老人か別の役か」という事で所属団体を通してご縁を頂いたのですが、おそらく顔合わせで羽鳥さんは私のキャラクターから何からを見抜かれキャスティングされたのだと思います。
まるで野球のノックのように打ち返せるギリギリのボールを投げられる稽古は、毎回大変にエキサイティングでした。

ミュージカルコースの学生の皆さんの姿にはいつも感銘を受けていました。
技術はもちろん素晴らしいのですが、「舞台人」としてのモチベーションが本当に素晴らしいです。
4月からは新しい環境に進まれる方も多いかと思いますが、どんな分野に進むにしても大事な力を身につけて来られたんだなあと思います。

思い起こせば「湖底のブラームス」千秋楽の日は、ちょうど大規模イベントの自粛検討が始まった日でした。
(なんせPerfumeファンなので、東京ドーム参戦組の皆さんの悲痛なツイートが流れてきたのを覚えています)

そこから一か月。

今となっては、どんなに体が疲れていても、素晴らしい先生方・スタッフ・出演者達と共にお客様をお迎え出来ていた毎日が本当に私の好きな時間なんだなと思います。

いつかまた大好きな劇場で、心置きなくお客様をお迎え出来ますように!



〈プロフィール〉
バスバリトン/山川大樹(やまかわ ひろき)
大阪音楽大学音楽学部声楽学科を卒業、同音楽専攻科声楽専攻を修了。
ウィーン夏季音楽セミナーディプロマ取得。
第36回飯塚新人音楽コンクール入選。
オペラにおいては「魔笛」ザラストロ、「ドン・ ジョヴァンニ」レポレッロ・騎士長、「愛の妙薬」ドゥルカマーラ、「ピーター・グライムズ」スワロー、「おこんじょうるり」じんざ他多数の役で出演。
シリアスな役からコミカルな役まで演じ、いずれも好評を得る。
その他ベートーヴェン「第九交響曲」、ヘンデル「メサイア」、フォーレ「レクイエム」等のバスソリストとしても活躍している。
現在、関西歌劇団正団員。堺シティオペラ運営委員。NHKカルチャーセンター西宮教室講師。

yamakawasan3.png

yamakawasan1.png

yamakawasan2.png

コメント

非公開コメント

プロフィール

daionmusical

徒然(つれづれ)DAION ミュージカル」へ ようこそ!
大阪音楽大学ミュージカルコースのスタッフ陣が、日常の中で感じた事、考えたこと、新たに発見したことを書き連ねていきます。