FC2ブログ

「ガラスの戦士」を終えて ①

羽鳥三実広
03 /20 2019
「学生の出演とは思えないクオリティの高さ」。ここ数年いただく作品への評価ではあるが、今回ほど多くの方に驚きの声をあげられたことはない。特にプロダクションや劇場関係者は驚嘆されたらしい。「いくら評判が良いと言っても、所詮、大学の卒業公演」の思いがあったろう。ところがとんでもなかったということか。

教育関係の方から寄せられた感想メールも一つ。
「3/9(土)のミュージカル、鑑賞させていただきました。もう本当にすばらしいというか、すごかったの一言につきます。学生があそこまで本気に表現している姿、豊中市とも連携して地域貢献として多大な成果を出していること、羽鳥さんのミュージカルへの熱い想い……お伝えしたいことはたくさんあるのですが……○○市も正直がんばらなければと熱い想いが私も湧きました」。(某市教育センター勤務 43歳男性)

今回の作品。手ごたえは十分だった。
確かに出演者は一部のプロを除いては学生がほとんど。しかし楽曲、照明、衣装が素晴らしい。そして音響チームと振付が実にいい仕事をしてくれた。ここまでスタッフワークが充実すると、たとえ学生主体の出演者であっても、ストーリーやテーマが観客の心にダイレクトに届く。脚本の構成に隙がないのも一因。

最後の演出。あえて幕はおろさず、暗転で終わらせた。舞台監督と考えは一致していた。
舞台に明かりが再び射し、カーテンコールの主役二人が浮かびあがると、客席に戸惑いの拍手が響きだす。―― 何だ、今、見た舞台は?! ―― 感動していて、拍手していいのかどうかも分からない。現実と非現実の相克。そういった態であった。

2011年の本学教授就任以来、八年。同僚らと一歩ずつ積み上げ、ようやくここまで来た。創作スタッフの力は着実に上がっている。
我々はこれからも人を育て(教育)、作品を創っていく(研究)。
音楽大学がミュージカル作品を創り、社会に発信していく。そんな時代が来てもおかしくはない。

ありがとうございました

管理人
03 /11 2019
第8回DAIONミュージカル「ガラスの戦士」
無事終演いたしました。
ご来場いただいた皆様、応援してくださった方々に心より御礼申し上げます。

「ガラスの戦士」 当日券

管理人
03 /08 2019
多くの方のお力添えを頂き、第8回DAIONミュージカル「ガラスの戦士」を上演させて頂きます。

各回、開場30分前より、会場受付にて、当日券を販売いたします。

2019年3月9日(土)
A組13:00開演(12:30開場)
B組17:30開演(17:00開場)

2019年3月10日(日)
B組12:00開演(11:30開場)
A組16:30開演(16:00開場)

会場:大阪音楽大学 ザ・カレッジ・オペラハウス

入場料(指定席):一般 前売2000円 当日2500円 高校生以下1000円


出演者、スタッフ一同、皆様のご来場をお待ちしております。

2018年度ガラスの戦士チラシ校了

「ガラスの戦士」 稽古風景③

管理人
03 /02 2019
IMG_1479rs.jpg

IMG_1934rs.jpg

IMG_1744rs.jpg

IMG_2005rs.jpg

IMG_1815rs.jpg

IMG_2089rs.jpg

IMG_2175rs.jpg

インタビュー 岡久直哉さん

管理人
02 /26 2019
ここ数日、日差しに春の気配を感じて、管理人はワクワクしております。
そしてワクワクするといえば、もちろんこちら!
今週末に劇場入りします、「ガラスの戦士」です!!
稽古は最終段階に入っております。

自分に与えられた役を、技術と想像力で、どう表現するのか・・・
いつもミュージカルコース生に、たくさんのヒントを、笑いとともに与えてくださる、
おかぴーさんこと、客演の岡久直哉さんにお話をお聞きしました。

IMG_1582rs.jpg


①自己紹介をお願いします。

岡久直哉です。
幼少期から器械体操を習い、大学では新体操を学びました。
大学卒業後はテーマパークでパフォーマーとして活動。
様々なジャンルに挑戦することが好き!歌、ダンスがとても好きです!
休日は一人だと家にいることが多く、外にはあまり出かけません。インドアですね!笑
舞台を盛り上げるために精一杯やりますので皆様、是非「ガラスの戦士」にお越しください!
そして、会場で見かけたら声かけてくださいね!!


②今のご職業を目指すことになったきっかけは何でしょうか。

学生の頃テーマパークのパレードを見たときですね。


③お仕事をされていて、幸せに思うことは何でしょうか。

自分のパフォーマンスでお客さんが笑ったり、感動してくれた時、
ショーで拍手を促してないのに拍手が起きた時に、自分の伝えたい事が伝わった!
と実感できた時ですね。
自然と拍手をくれる事程嬉しいものはありません


④お仕事をされていて、大変なことは何でしょうか。

いろんなお客さんがいるので、時には受け入れてもらえない時もあります。
そういった時にじゃあどう対応するか…というと
この人はどうやったら笑うのかな?何をすれば口角が上がるのかな?
とばかり考えて、上がった時にガッツポーズですね。
もしどうしても受け入れてもらえない場合は…
シャイなんだろうな
で自分を納得させます(笑)


⑤お仕事を続けていく上で、特に気をつけていることはありますか?また、良いトレーニングの仕方などありますか。

私が気をつけているのは何を見せたいかというところですかね!
あとは成り切る事が大事だと思うので、洋画の俳優になりきったりとか、真似をする事でその人の表現を盗めるんじゃないか?
など遊びながらやっています!笑


⑥大音ミュージカルコースに参加して頂いて、感想をお願いします。

全員が高いポテンシャルを持っていてすごく刺激になるし、勉強させてもらっています!

⑦今回の役、ご隠居を演じてみて、いかがでしょうか?

今までは少年の役が多かったのですが、今回はお年を召されている役なので、どうしても苦戦するところは声質、動きですね(笑)
声が若くなってしまうところと、動きが活発すぎるところをどういう風にして、お爺さんっぽくみせるか。と言うところで色々考えています。
ただ、シーンによっては壊れまくっていいところがあるので、そこは存分に壊れてます(笑)
そのシーンは最高に楽しいですね!
壊れてるなーって思ったら、そこだ!と思ってください(笑)


⑧ご趣味はありますか?

今は服を見たり買ったりするのが趣味ですかね!
次はどんな服装にしようかとかを考えると楽しくなります。


⑨これからやってみたいことはありますか?

時間があればヒップホップを習ってみたいなー、と(笑)

⑩これから舞台関係の仕事を目指す人たちへメッセージをお願いします。

.皆さんの行動全てがお客さんの笑顔と満足に関わってくると思います。
私は舞台に立つ人にとって恥ずかしさはいらない、と思っています。
なので、真面目なのも、ふざけるのも、全力でやらないとお客さんには伝わりません。
全力で楽しんで舞台に立てば、きっとお客さんには伝わると思うので、頑張ってください!!!

IMG_5769rs.jpg

IMG_1673rs (1)

daionmusical

徒然(つれづれ)DAION ミュージカル」へ ようこそ!
大阪音楽大学ミュージカルコースのスタッフ陣が、日常の中で感じた事、考えたこと、新たに発見したことを書き連ねていきます。