Vol.5 自分の時計   羽鳥三実広

羽鳥三実広
11 /29 2016
9月22日、バスケットボールのBJリーグが開幕した。野球、サッカーに続く、プロバスケットボール・リーグの誕生である。
私はバスケットボールの選手だった。中学校では東京都準優勝。高校は神奈川県優勝で、インターハイにも出場した。この経歴を披露すると、皆、一様に驚く。無理もない。何しろ、私の身長は165センチ弱。

バスケットボールの苦い思い出を語る。
高校2年生の夏。新たなシーズンの始まり。我々はインターハイ優勝を目指し、練習をスタートした。練習試合、公式戦を次々とこなしていく。だが、私は試合に出場こそするが、一向にスターティング・メンバーになれなかった。自分の未熟のせいなのだが、当時はそれを認めず、内心ふてくされた。特定の人に不満を持ち、嫉妬した。そして皆に「上手い」ところを見せつけようと、派手なプレイを追い求めた。結果は行き当たりバッタリのプレイが多くなっただけだった。
私は自分がスターティング・メンバーに選ばれない理由を突き詰めず、チームにとって己が為すべきことを考えるのを怠り、「自分のためにだけ」練習していたのである。私が本当に目指すべきは「基本に忠実で堅実なプレイ」だったのに…。
そして3年生の夏。インターハイ3回戦。私はいつものように途中出場したが、チームは敗れた。敗退の要因がチームの一員である自分にもあることは明らかだった。試合終了後、私は一人で体育館の外に出て、「自分で自分の成長を止めてしまった」1年を振り返り、悔いた…。

3年後、私は舞台俳優を志し、劇団の研究所に入り、演劇人生が始まった。
同期生と比べ、素質・才能に乏しいことは一目瞭然。その頃、劇団の代表から投げかけられた言葉が私の一生の戒めとなった。「自分の時計だけを見ろ。他人の時計を見るな」。私はバスケットでの失敗を二度と繰り返すまいと必死だった。劇団が求める技術を身につけ、作品に貢献できる俳優になること。絶えず「お前は下手なんだ。カッコつけず、上手く見せようなどと決して思うな。地道に一段一段昇っていき、堅実な演技をしろ」と言い聞かせ、先に行く同期生や後輩と比べて焦る自分を戒め、レッスンと稽古に明け暮れた。「めげず、あきらめず、たゆまず」。
以来、40年間、曲がりなりにも演劇・ミュージカルの世界で生きてこられた。劇団時代は俳優として舞台に立ちながら、演技指導の仕事を早くから任せられ、その後、演出助手もこなした。さらに脚本を書かせてもらい、組織運営の一端も担った。
そうして「今」がある。私より素質や才能に恵まれた人間はたくさんいたが、その多くが様々な事情でこの世界を去っていった。私が残ることが出来たのは、力があったからではない。運が良かったのである。そうとしか言いようがない。出会いに恵まれ、機会に恵まれ、人と比べることなく自分の時計だけを見てきた40年…。もう少し働いてみよう。齢60を超えて、改めて決心する今日この頃である。
スポンサーサイト

Vol.4 『夢』 から 『目標』 そして 『今』 小川紗世

小川紗世
11 /29 2016
今年度からクラシックバレエを担当しております。小川紗世です。
このブログに初めて投稿させていただきます。

何を書こうか迷ったのですが…

先日、初めてミュージカルコースの入学試験に立ち会わせていただき、その時に羽鳥さんが受験生達にかけた言葉が素敵でした。


君たちはもうここに入学したら『夢』ではなく『目標』になるんだ。

私達はその『目標』を実現する為にできる限りの力を尽くす。

…と。

話は少しそれますが、私は小さい頃からなぜかバレリーナになりたい!ではなく、バレエの先生になりたい!!という『夢』を持っていました。

それは、バレエって今でも敷居が高いイメージもあり、いざバレエを習い初めても続かない人が多いのが現実でなんですが、こんなに楽しいクラシックバレエを沢山の人達に知って、触れて貰いたい!!と半ば自分勝手な思いこみから始まっています(笑)


私はその『夢』を『目標』に変え、大学で舞台芸術を学び、クラシックバレエにとどまらず、コンテンポラリーやモダンダンス、またスタッフも全員学生でゼロから舞台を作り上げることや、舞台監督まで経験させて頂きました。

(舞台上にリノリウムをひくところから、照明・美術・音響スタッフと打ち合わせをして、段取りを組み、本番はインカムで指示を出すなんてことまでやってました!!)

在学中、私は不器用なので、バレエが楽しいと思う反面、なかなか上達せずスランプに陥ったり、仲間と衝突したり、怪我に悩まされたり…となかなか一筋縄にはいきませんでした。


でも、だからそこ、私がみなさんにお伝えできることがあると、『目標』を持ち続け、在学中はもちろん、卒業後も様々な視点からアプローチする為に多くの先生にも師事を仰ぎました。


その経験の中で沢山の出会いがり、繋がりがあり、『今』があります。

バレエだけでないと思いますが、人に何か教えるという立場はとても難しく、今も日々試行錯誤、日々勉強です。

話はかなりそれてしまいましたが…バレエはミュージカルに置いてダンスの基本となります。

なので、入学して頂いたからには、少しでもバレエを楽しいと思ってもらえるように、そして、どのような道、すなわち、『目標』に進むことになっても、いつか、バレエをしてよかったなぁと思ってもらえるような仕事をしたいと思っています。

『夢』を『目標』にそして未来の『今』に繋がる2年間になるように。


daionmusical

徒然(つれづれ)DAION ミュージカル」へ ようこそ!
大阪音楽大学ミュージカルコースのスタッフ陣が、日常の中で感じた事、考えたこと、新たに発見したことを書き連ねていきます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。