FC2ブログ

Vol.13 年の暮れに想うこと          鈴木喬子

鈴木喬子
12 /27 2017
今年も残すところあと数日となりました。
“レント”じゃありませんが1年=525,600分を今年はどんな風に過ごしましたか?
毎年この時期は年内最後に会う人と「良いお年を〜」と言って別れながら1年を振り返ります。

私にとって今年1番大きく変化したのは、生き甲斐だった愛犬がいない1年だったという事でした。
 昨年12月に12歳で、別れを惜しむ間も無く呆気なく逝ってしまったのですが、
彼女は(“ウィキッド”じゃありませんが)私に愛を教えてくれたワンコでした。
私の子供でもあり親友でもあり1番の理解者でした。
彼女と過ごした12年間で色々な事を教わりました。
愛する喜び、愛される喜び、言葉を解せなくても繋がる信頼感、安心感。
こうした目に見えないものを感じる感覚と言いましょうか、いつのまにか錆びていたそんな感覚が彼女によって溶けていくことが嬉しかったものです。
私がペットロスにならずにこの1年なんとか元気に過ごせたのは、12年掛けて彼女が私にこの感覚を呼び起こしてくれたおかげだと思うのです。
毎日空を見れば彼女を感じるし、いつも側にいるし、分かり合えてると完璧に信じられる。
もちろん触れなかったり、声が聞けなかったり、匂いを嗅げなかったりするのは寂しい事ですが。
"夢から醒めた夢"という作品の中に亡くなった人も現世に残った人もいつかは同じ光になって永遠に離れない‥という内容の台詞があるのですが、正に未来をそう信じられるからこそ今を元気に生きていられる気がします。

 愛犬との12年間という過去、そこから学んだ事で生きている今、いつかはまた一緒になれるであろう未来。
これは“キャッツ”のメモリーでしょうか(笑)

長々と私事を綴ってしまいましたが、今日という1日が明日には過去になるのですもの、
悔いのない時間を過ごせたらいいですよね。
年内にできる事はやって、希望ある2018年に向かいましょう!
そして目に見えるものばかりではなく、見えない世界を感じる心も錆びつかせないように。
本当の希望はそこにあるのかもしれません。。。

皆さま良いお年を!
スポンサーサイト

Vol.9 身体も頭も柔軟に   鈴木喬子

鈴木喬子
05 /18 2017
 
私がミュージカルコースでボーカルの個人レッスンを担当させて頂いて、
今年で3年目になります。
まず最初に感じたのは生徒さん達が皆関西弁で話すこと!
皆さんには当たり前の事かもしれませんが、私は神奈川県在住なのでそれがとても新鮮で耳に心地よく感じました。

「なんでな~ん」「そうなんや~」「そんでな~」「めっちゃよかった~」等々。
「なんで」「そうなんだ」「それでね」「すごくよかった」
といった標準語よりなめらかな音なんですよね、息も流れてるし、音の幅も広い。
勿論個人差はありますが、これって歌に良い要素一杯あるんです!

歌う事も要は筋肉運動、柔軟な筋肉が動くことによってその人の身体から特有の声が生まれるんですね。
幼児はぷよぷよした筋肉で本能のままに声を出すから、声量はあるし音域も広いですよね。その声は元気で明るい。
なので私のレッスンはウォーミングアップにジムボールを使ったり、ゴムを引っ張ったり、赤ちゃんがミルクを飲む時の様に唇を尖らせたり、口を開けて寝る時の様にポカ~ンとあごや舌を脱力させたりして「子供に戻って~」とまずは身体のいらぬ緊張を抜いていきます。

さあ、そうやって身体が柔軟になってきたら子供の頃の様に頭で考えすぎず、
少しずつ楽~なまま声を出していきます。頭も身体も柔軟になってくると声が出て来る出て来る。もちろん只リラックスしてるだけでは大きな声は出ないので、子供の頃に大声を出して遊んだり泣いたりした時に使われていた筋肉運動を身体に思い出させていく感じ。
生徒さん達の良い声が出て来ると私も嬉しくなります。

 演技しながら歌って踊ってのミュージカルは「観る天国、やる地獄」とか言われたりもしますが、私はそうは思いたくないんです。肉体作りは、それは簡単には行かないし時間もかかります。でも身体が少しずつ鍛えられていくと少しずつパフォーマンスもやりやすくなっていく。そしたら心も身体も開放してエネルギーを放出していく。これはワクワクの境地です!

 まだまだお話したい事は沢山ありますが、とりあえず第1弾はこの辺で(笑)

daionmusical

徒然(つれづれ)DAION ミュージカル」へ ようこそ!
大阪音楽大学ミュージカルコースのスタッフ陣が、日常の中で感じた事、考えたこと、新たに発見したことを書き連ねていきます。