私の宝物の24ヶ月 堀つばさ

ミュージカルコース生
03 /31 2018
「私、入学する所間違えたかも…」
綺麗なオーケストラ演奏で迎えられ、入学をした矢先、初めての授業で思ったことです。理由は入学できた事が信じられないくらい私はこれまでミュージカルというものに触れてこなかったからです。オープンキャンパスで稽古風景を見た時ゾクっと鳥肌がたち、気づいたら願書を出していました。
今年卒業した二年生の中でも先生方の頭を悩ませたのが私だと思います。声は出ないうえに反応は薄い。そして人見知りが酷い。正直ダンスの授業では、毎回泣いていました。何度も何度もやめる事を考えていた時、同期生に肩を叩かれ「大丈夫!ゆっくり一緒に練習しよう!」と手を差し伸べてもらいました。今も鮮明に覚えています。この同期生の一言で私の心が変わりました。出来なければ時間の許す限り稽古すれば良い。卒業する頃には誰よりも成長してみせる!半年経った頃にはそう思えていました。
2年生になって不安や心配がなくならない中で後輩を引っ張って行かなければならない立場に立ち、泣く暇のない程毎日フルに稽古に打ち込んでいました。周りが努力家ばかりで皆ストイックに自身を高める姿を見て、私もくよくよしてる場合じゃないと思いました。そして演じることの深さを知ることが出来ました。気付けば日常の視野が広がり、色々事に疑問や意欲が芽生えていました。

私には皆を引っ張れる程の力を持っていません。技術もありません。才能もありません。ただ一つあるとすれば、出会う人に恵まれていると言うことです。なにもない私を頼って支えて協力してくれる仲間がいました。そして学生だけでは気づけなった事に何度も気付かせて頂き、常に私達のお手本となって下さったDAION座の方々と助演して下さった皆様に出会うことができました。本当に幸せものでした。誇りに思います。きっと一生忘れることはありません。

この2年間で学んだ事は決して優しいものばかりではありませんでした。この世界で生きていく厳しさや難しさを教えて頂きました。ですがここで得たものはこれからも続けて行けば間違いなく自分の力になると思います。まだ学び足りないと思うくらいどの授業も楽しく難しく濃いものでした。
その授業の中で頂いた沢山のお言葉を忘れず生きていこうと思います。
長くなりましたが最後に2年間私達を大切に育てて頂きました羽鳥さん、松田ひろ子先生、橋本亜美先生を始めとする先生方、ミュージカルコースに携わって頂きました皆様。本当にご心配とご迷惑をおかけ致しました。至らない点が多々ありましてすみませんでした。2年間ありがとうございました。これから胸をはって恩返しができるよう、それぞれ目標となる道を自分で切り開き、恐れず突き進んで行きます。
ありがとうございました。

行ってきます!

ミュージカルコース25期生 堀つばさ
スポンサーサイト

羽鳥5期生を代表して 大竹萌絵

ミュージカルコース生
03 /18 2017

2年間の学生生活が終わってしまったことが心のどこかでは信じられておらず、また4月から授業が始まるのではないかと思っているくらい、今は卒業する実感がほとんどありません。
入学してからの2年間は今までの人生で1番時間の流れが早く、それと同時に充実した時間でした。私は実家が地方なので下宿をしていますが、毎日の授業に夢中すぎてホームシックになる余裕すらありませんでした。
日本中の学生の中で1番有意義な時間を送っていた自信があると言っても過言ではないくらい、大好きなミュージカルの勉強に没頭し、学生らしい楽しい毎日を過ごすことが出来ました。

もちろん楽しいことばかりではなく、思うようにいかず苦しいことや辛いこと、正解の存在しないものに取り組む毎日がよくわからなくなりスランプに陥ることも何度もありました。
しかし羽鳥さんは「何故出来ないんだ」とは絶対に仰りませんでした。理不尽な事で怒ったりすることも決してありませんでした。努力を怠っているときにその甘さを指摘することはあっても、私が悩みもがいているときは黙って見守ってくださいました。歌やダンス、お芝居の実力面以上に精神力が鍛えられた2年間でもありました。

そんなときの心の支えは何と言っても同期の存在です。
十数人という少ない人数だからこそ、お互いがお互いを理解しあい、助けて助けられて、皆でここまでくることが出来ました。特に私達羽鳥5期生は強烈すぎる個性の集まりで、普段は騒いだりしょうもないことばかりしていましたが、心の奥ではお互いの姿を見て学んだり、また誰かの成長を喜んだり刺激を貰ったり、切磋琢磨できる仲間達でした。信頼しあっているからこその空気感であったり、時には喧嘩したり一言も言葉を交わさない時期があっても、みんなは何よりも大切な存在でした。この学年でみんなと同期になれたことを誇りに思います。今まで本当にありがとう。友達としてライバルとしてかけがえのない同期としてこれからも一生付き合っていきたいメンバーです。
また、先輩後輩関係も緩すぎず厳しすぎず、全員がとても仲が良くて、言葉には言い表せないくらいミュージカルコースはとても素敵な雰囲気です。いつもいつも慕ってくれる可愛い1年生、しっかりしていて本当に優しい卒業生、そして何から何までお世話になりっぱなしで、そのお姿を見て沢山勉強させていただいたDAION座の大先輩方には感謝の気持ちしかありません。

羽鳥さんや松田先生、亜美さんだけでなく、他にも沢山の先生方にお世話になりました。
筋金入りの面白さに加えて、レッスンも明るく楽しくて、真面目に相談すればどんなときでも親身になって相談にのってくださる先生ばかりで本当に恵まれた環境にいたんだということを今痛いほど感じています。

正直に言うと、今からミュージカルコースに入学する新1年生が少し羨ましいです。この2年間は幸せで貴重でかけがえのない時間になると思います。2年間という短い時間を有意義に大切に過ごして欲しいです。

私も、これから社会に出るにあたって、きっと想像も出来ないような数多くの高い高い壁が待ち受けてると思いますが、この2年間ご指導していただいた記憶、録音、ノート、そして沢山の思い出を心の頼りにして、これからも諦めず目標に向かって進み続けます。

これからまた新作ミュージカルが生み出されたり、大好きな作品達が再演されるのかと思うと私も今から楽しみで仕方ありません。これからもっともっと羽鳥作品の素晴らしさが多くの人の心に届いてほしいです。
来年、そしてこの先のDAIONミュージカルにも是非ご期待ください!

最後になりましたが、
諸先生方、
大学の関係者の皆様、大変お世話になりました。
素晴らしい2年間を本当にありがとうございました。
これからもミュージカルコースをどうぞよろしくお願い致します。

2015年度生 大竹萌絵

daionmusical

徒然(つれづれ)DAION ミュージカル」へ ようこそ!
大阪音楽大学ミュージカルコースのスタッフ陣が、日常の中で感じた事、考えたこと、新たに発見したことを書き連ねていきます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。