Vol.12 ミュージカルにおけるバレエの役割      小川紗世

小川紗世
12 /22 2017

このミュージカルコースでクラシックバレエを指導するにあたって、常に念頭においていることがあります。
ミュージカルにおけるクラシックバレエの役割とは…ということです。

この学校では、小さい頃からバレエやダンスを習っていた学生もいますが、バレエもダンスも全くしたことがないという学生もたくさんいてます。

でも、私は年度初めの顔合わせの時に毎回(まだ2年目ですけどね(笑))経験者・未経験者にかかわらず、全員基礎の基礎である立ち方からはじめていくことを伝えます。
解剖学に基づいた、筋肉や骨の動きを感じながらのバーレッスン、センターレッスンではそれに加えて表現・音楽性・舞台に立つにあたっての心構えなど…伝えたいことはたくさんありますが、基本、難しいテクニックを詰め込んだりしません。

バレエ経験者にとっては簡単すぎると感じることもあると思います。
でもそういう人達こそ、一旦立ち止まり考えて欲しいのです。
たくさん回れたり、飛べたり、いろんなテクニックができる…みなさんは何を気をつけて、身体のどの部分をどのように使い・感じながら稽古をしていますか?
若い時は勢いや身体の条件に任せて踊りがちです。でも、それではいつか怪我をして、長く舞台で活躍することはできないし、プロとして確実なものを観せるには、やはり基礎をしっかり固めることが必要なのです。

そして、未経験者はどうしても、経験者に引け目や劣等感を抱き、レッスンの取り組み方も消極的になりがちです。
昨日より今日、そして1ヶ月、1年後どうなりたいか、自分のビジョン・目標を立て、地道ですが、ひとつひとつステップアップしてほしいです。他人ではなく自分自身と比べてほしいのです。
その為には稽古場で人の後ろで隠れたり、わからないことをわからないまま終わらせないで、今日できなかったことは次回できているようにすることが大切です。


プロは舞台で失敗はできません。常に確実を求められます。昨日は回れたけど今日は回れない…なんてことがないよう、自身の身体のコンディションを常に整える必要があります。
バレエは自分自身の身体と向き合い、その日のコンディションを知り、整えるのにとても有効だと思いますし、それはダンスだけでなく歌やお芝居にも応用することができると思います。

バレエはバレエダンサーだけのものではありません。様々な場面でバレエを有効活用していましょう!!
スポンサーサイト

Vol.4 『夢』 から 『目標』 そして 『今』 小川紗世

小川紗世
11 /29 2016
今年度からクラシックバレエを担当しております。小川紗世です。
このブログに初めて投稿させていただきます。

何を書こうか迷ったのですが…

先日、初めてミュージカルコースの入学試験に立ち会わせていただき、その時に羽鳥さんが受験生達にかけた言葉が素敵でした。


君たちはもうここに入学したら『夢』ではなく『目標』になるんだ。

私達はその『目標』を実現する為にできる限りの力を尽くす。

…と。

話は少しそれますが、私は小さい頃からなぜかバレリーナになりたい!ではなく、バレエの先生になりたい!!という『夢』を持っていました。

それは、バレエって今でも敷居が高いイメージもあり、いざバレエを習い初めても続かない人が多いのが現実でなんですが、こんなに楽しいクラシックバレエを沢山の人達に知って、触れて貰いたい!!と半ば自分勝手な思いこみから始まっています(笑)


私はその『夢』を『目標』に変え、大学で舞台芸術を学び、クラシックバレエにとどまらず、コンテンポラリーやモダンダンス、またスタッフも全員学生でゼロから舞台を作り上げることや、舞台監督まで経験させて頂きました。

(舞台上にリノリウムをひくところから、照明・美術・音響スタッフと打ち合わせをして、段取りを組み、本番はインカムで指示を出すなんてことまでやってました!!)

在学中、私は不器用なので、バレエが楽しいと思う反面、なかなか上達せずスランプに陥ったり、仲間と衝突したり、怪我に悩まされたり…となかなか一筋縄にはいきませんでした。


でも、だからそこ、私がみなさんにお伝えできることがあると、『目標』を持ち続け、在学中はもちろん、卒業後も様々な視点からアプローチする為に多くの先生にも師事を仰ぎました。


その経験の中で沢山の出会いがり、繋がりがあり、『今』があります。

バレエだけでないと思いますが、人に何か教えるという立場はとても難しく、今も日々試行錯誤、日々勉強です。

話はかなりそれてしまいましたが…バレエはミュージカルに置いてダンスの基本となります。

なので、入学して頂いたからには、少しでもバレエを楽しいと思ってもらえるように、そして、どのような道、すなわち、『目標』に進むことになっても、いつか、バレエをしてよかったなぁと思ってもらえるような仕事をしたいと思っています。

『夢』を『目標』にそして未来の『今』に繋がる2年間になるように。


daionmusical

徒然(つれづれ)DAION ミュージカル」へ ようこそ!
大阪音楽大学ミュージカルコースのスタッフ陣が、日常の中で感じた事、考えたこと、新たに発見したことを書き連ねていきます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。