Vol.10 追悼 日下武史さん 羽鳥三実広

羽鳥三実広
07 /03 2017

大先輩、日下さんが逝かれた。
劇団四季の創立メンバーであり、常に第一線の舞台に立たれ、数々の賞も受けられた演劇界の至宝、「日下武史」氏。

今から42年前。1975年12月のある日。私は東京・渋谷にある「パルコ劇場」の3列目、中ほどの席に座り、「エクウス」の初演を観劇していた。
はちきれんばかりのエネルギーで舞台上を所狭しと演じるのは市村正親さん。その市村さんと対峙し、エリート医師の苦悩や現代人が抱える心の闇を映し出していたのが日下さんだった。
当時、私は卒業後の進路をまだ決めかねている大学3年生。芝居を見始めてはいたが、文学座、俳優座、民芸などの三大劇団は知っていても、劇団四季の存在は全く知らなかった。たまたま大学の友人の紹介で知り合い、遊び仲間になっていた中尾隆聖さんからチケットを譲られたのである(中尾さんは今や声優界の大御所であり、彼が私を劇団四季に導いたと言える)。
この「エクウス」観劇時のことは、のちに劇団四季の機関誌「ラ・アルプ」にも書いたので、いつかこの小欄に載せるかもしれない。ただその時、客席で言いようのない感動に襲われたのは今でも覚えている。私は「何か」に打ちのめされて、幕間に席を立てなかった。
そして演劇経験が全くないにもかかわらず、私はこの日、劇団四季受験を決意した。
以後、42年にわたる私の演劇人生で、日下さんは私にとって特別な存在となった。

劇団時代、何度か舞台で共演させて頂き、日下さんからは多くのアドバイスを頂いた。俳優として不器用この上ない私に、歯痒い思いをされながらのご指導であったと思う。その際、何度か口にされ、その後の私の指導人生に大きな影響を与えたキーワードがある。「心の置きどころ」。「意識の変化」。
現在に至るまで私は演技指導の勉強を怠らないよう努めているつもりだが、この「心の置きどころ」や「意識の変化」を様々な角度から色々なボキャブラリーに変換し、俳優へ伝えている。
一つ忘れられない思い出がある。おそらく入団して5~6年の頃だ。私は代々木の稽古場(小田急線・参宮橋)へ「闇練(やみれん)」に出かけた。夜遅く、人がいなくなった稽古場で自主稽古するためである。しかし、誰もいないはずの稽古場から灯りが漏れ、声が聞こえてくる。日下さんだった。何かの演目の稽古を一人でされていたのである。もちろん邪魔になってはいけないから、声をおかけするはずもないが、私はドアのすき間からその自主稽古のお姿をしばらくの間、食い入るように見つめていた。
日下さんは小さな声でブツブツ台詞らしきものを言いながら、時折、腕を伸ばしたり、曲げたり、手のひらをクルクル回している。「…何をやっているんだろう…?」。自分なりに出した結論は、「言葉が持っているイメージのリアリティーをつかむ練習」。これが、のちに私のメソッドにもなる「イメージマイム」につながり、「手切り」や「仕分けのマイム」等々のエクササイズとして発展する。

現在、ミュージカルの上演では日本を代表する劇団四季であるが、そのルーツは「ストレートプレイ」の劇団である。私が入団した頃は芸達者で卓越した演技力を持つ俳優さんがたくさん在籍され、数々の名舞台が生まれている。そんな中、日下さんが演じられた役で私が最も印象に残っているのは、やはり「エクウス」の「ダイサート」だが、もう一つ挙げるとなると、「ヴェニスの商人」の「シャイロック」だ。個性派揃いの共演者たちの間で、日下さんの「シャイロック」は鬼気迫るものがあり、とにかく「すごかった」。
1975年の「エクウス」と77年の「ヴェニスの商人」。この二つが私の中では伝説とも言える作品となっており、ほんの一部ではあるが、「ダイサート」や「シャイロック」の台詞を今でも私はソラで言うことができる。
「心の置きどころ」や「意識の変化」、そして「発声と発想の一致」という方法論も含め、日下さんはまさに四季演技術の体現者の一人であり、第一人者であった。

その日下さんが、5月、静養先のスペインで旅立たれた。享年86歳。私より二回り上でいらしたが、干支(えと)の未(ひつじ)と2月生まれが一緒で、それが私の密やかな喜びでもあった。
6月28日。私は「日下武史さんを偲ぶ会」に参列。ご無沙汰してしまった非礼を心からお詫びし、お別れを申し上げた。
「日下さん、お疲れ様でした。ゆっくりお休み下さい。そして、ありがとうございました」。合掌。

スポンサーサイト

Vol.8 新年度 ―― 「教え」「教えられ」 ―― 羽鳥三実広

羽鳥三実広
05 /07 2017

新年度の授業が始まり、1カ月が過ぎた。
今年度からひと学年の定員を10名増やしたので、新一年生は20名。二学年合わせると30名の大所帯である。「ひとり一人に合わせたきめ細かい指導」が信条のミューカルコースであるから、少々人数は多い。そこで一年生のみを対象とした私の授業を増やし対応している。今後はこの授業形態となる。

何かで言ったり、書いたりしていると思うが、重ねて述べる。
我々指導陣の仕事は、個々の学生に合わせて「努力の仕方」を提示することである。「キミはこうしてごらん。課題は解決するかもしれない」。これを30名に行なうが、断じて「愛情」を持って接するなどという甘ったるいものではない。誤解を恐れずに言えば、指導に愛情は必要ない。必要なのはどんな学生にも対応できる「教える技術」である。だから、伸び悩む学生を目の当たりにして、自らの教えの技術が及ばないことに暗澹たる思いも持つ。が、立ち止まるわけにはいかない。目の前の学生のために、ミュージカルコースを志望してきてくれた彼らのために、我々は勉強し、考え抜き、研究して、指導に当たる。そんな「もがき」が我々指導陣を成長させてくれているのかもしれない。まさに「教える」ことは「教わる」ことなのである。
今年度もまた、多くの学生たちに我々は「教えられる」ことだろう。

Vol.7 年頭所感    羽鳥三実広

羽鳥三実広
01 /07 2017

謹賀新年。2017年になった。年初にあたり、思うことを述べようと思うが、
昨年度のDAI-ONミュージカル第5回公演パンフレットに寄せた一文で、2017年度の年頭所感としたい。


―― 2016年度 DAI-ONミュージカル 第5回公演「かがり火恋唄」 ――
パンフレットより


●ロケット発射 数○前

たとえ学生主体の公演であっても「お客様を感動させる」。この目標が定まれば、学生一人一人が何を為すべきかは自ずと決まる。ミュージカルを演じるための肉体と声を鍛え、合わせて想像力を豊かにし、作品に必要な知性を磨く。
とまれ、短大生の2年間は実に忙しい。「歌」「踊り」「演技」。取り組む課題は多く、他の科目の勉学も欠かせない。いくら時間があっても足りないだろう。
しかし人間、一生に一度ぐらい本気で一つのことに「のめり込む」のも悪くない。

「2年間で道を決める」が学生に課せられた最終課題だ。
卒業を間近に控え、歩んできた道筋の延長にプロへの光が見える学生もいる。彼女(彼)達がどこまで登っていけるか…。
また、志叶わず俳優の道をあきらめて社会へ入って行った者は、短大時の修練の日々に社会人としての生き方が示されていたことに気づくかもしれない。
いずれにせよ、卒業生の多くがこれから幾度も人生の岐路に立たされ、選択を迫られることだろう。その時、2年間におよんだミュージカル修行が役だってほしい。
卒業生に幸あれ!

さて、欧米の優れたミュージカル作品は大阪でも観ることができる。例えば「ブロードウエイ発、東京経由、大阪」という構図で。
しかしそれだけで本当にいいのか?「大阪発、東京経由、ブロードウエイ」があってもいいのではないか?
こんな愉快な目標を持てば、安易な作品づくりは決して出来ない。
優れたミュージカル作品は例外なく「物語構成(台本)」が充実しており、そこへ「音楽」が最重要ファクターとして加わる。これを念頭に、我々は髪をかきむしり、頭をあちこちにぶつけながら、少ない予算と限られた時間の中で、毎年オリジナル作品を学生と共に作り上げてきた。まるで「下町ロケット」のように。
規模や豪華さでは敵わないまでも、ドラマ性や楽曲構成においては欧米にヒケを取らない。プロレベルの出演者によるそんな作品を庄内の工場(大学)で作り、いつか大阪の地から打ち上げたい。5年前、私の就任当初、周りの誰もが「夢物語」と思ったロケット発射までもう少しのところまで来ている。
昨年に引き続きご協力頂いている豊中市を始め、本日ご来場の皆様には今後とも変わらぬご支援とご鞭撻のほどお願い申し上げる次第です。

追記:今公演から千円の観劇料金を頂くことになった。その価値があると思って頂けるか否か。

ミュージカルコース 教育主任
DAI-ON ミュージカル研究会 代表
羽鳥三実広



以上が昨年の公演の寄稿文である。思いは今年も全く変わらない。
皆々さま、今年もよろしくお願い申し上げます。

Vol.5 自分の時計   羽鳥三実広

羽鳥三実広
11 /29 2016
9月22日、バスケットボールのBJリーグが開幕した。野球、サッカーに続く、プロバスケットボール・リーグの誕生である。
私はバスケットボールの選手だった。中学校では東京都準優勝。高校は神奈川県優勝で、インターハイにも出場した。この経歴を披露すると、皆、一様に驚く。無理もない。何しろ、私の身長は165センチ弱。

バスケットボールの苦い思い出を語る。
高校2年生の夏。新たなシーズンの始まり。我々はインターハイ優勝を目指し、練習をスタートした。練習試合、公式戦を次々とこなしていく。だが、私は試合に出場こそするが、一向にスターティング・メンバーになれなかった。自分の未熟のせいなのだが、当時はそれを認めず、内心ふてくされた。特定の人に不満を持ち、嫉妬した。そして皆に「上手い」ところを見せつけようと、派手なプレイを追い求めた。結果は行き当たりバッタリのプレイが多くなっただけだった。
私は自分がスターティング・メンバーに選ばれない理由を突き詰めず、チームにとって己が為すべきことを考えるのを怠り、「自分のためにだけ」練習していたのである。私が本当に目指すべきは「基本に忠実で堅実なプレイ」だったのに…。
そして3年生の夏。インターハイ3回戦。私はいつものように途中出場したが、チームは敗れた。敗退の要因がチームの一員である自分にもあることは明らかだった。試合終了後、私は一人で体育館の外に出て、「自分で自分の成長を止めてしまった」1年を振り返り、悔いた…。

3年後、私は舞台俳優を志し、劇団の研究所に入り、演劇人生が始まった。
同期生と比べ、素質・才能に乏しいことは一目瞭然。その頃、劇団の代表から投げかけられた言葉が私の一生の戒めとなった。「自分の時計だけを見ろ。他人の時計を見るな」。私はバスケットでの失敗を二度と繰り返すまいと必死だった。劇団が求める技術を身につけ、作品に貢献できる俳優になること。絶えず「お前は下手なんだ。カッコつけず、上手く見せようなどと決して思うな。地道に一段一段昇っていき、堅実な演技をしろ」と言い聞かせ、先に行く同期生や後輩と比べて焦る自分を戒め、レッスンと稽古に明け暮れた。「めげず、あきらめず、たゆまず」。
以来、40年間、曲がりなりにも演劇・ミュージカルの世界で生きてこられた。劇団時代は俳優として舞台に立ちながら、演技指導の仕事を早くから任せられ、その後、演出助手もこなした。さらに脚本を書かせてもらい、組織運営の一端も担った。
そうして「今」がある。私より素質や才能に恵まれた人間はたくさんいたが、その多くが様々な事情でこの世界を去っていった。私が残ることが出来たのは、力があったからではない。運が良かったのである。そうとしか言いようがない。出会いに恵まれ、機会に恵まれ、人と比べることなく自分の時計だけを見てきた40年…。もう少し働いてみよう。齢60を超えて、改めて決心する今日この頃である。

Vol.1 自分で自分を育てる            羽鳥三実広

羽鳥三実広
08 /26 2016
大学でミュージカルの指導をして、6年目になる。
俳優の指導を始めたのは、27歳。劇団の代表から指名されてのことだった。私自身は不器用な俳優だったので、とにかく上手くなるための練習・稽古を人一倍やっていた。それでも技能習得に時間がかかり、「ああでもない、こうでもない」と回り道ばかり。結果的にそれが指導の引き出しを多くすることにつながった。
34年間、指導の仕事をしていて、思うことは二つ。

(1)教えることは教わること
(2)自分を育てるのは自分

「この言い方では伝わらない。どう言えば?」「なぜ、この方法で上手くならないんだろう?」。あれこれ必死に考えることが、指導者としての私を成長させてくれた。
俳優の素質はひとり一人みな違う。その俳優個人のためのアドバイスを私はする。それを俳優が自分の技能向上にどう役立てるか。上手くなるための練習・稽古を日々積み重ねることができるか。
俳優としての自分を育てるのは誰でもない。自分自身である。


daionmusical

徒然(つれづれ)DAION ミュージカル」へ ようこそ!
大阪音楽大学ミュージカルコースのスタッフ陣が、日常の中で感じた事、考えたこと、新たに発見したことを書き連ねていきます。