DAIONミュージカル 第7回公演 「空の向こうの物語」

管理人
11 /22 2017
まだ11月にもかかわらず、寒くなってしまいましたが、皆さまお風邪など、ひかれていませんでしょうか。
手洗いうがい、栄養と睡眠を十分にとって体調管理につとめていきましょう!

さて、いよいよこちらのブログでも宣伝を始めさせていただきます。
今年度のミュージカルコースの公演はこちらです!!!


2017年度 大阪音楽大学短期大学部 ミュージカル・コース

DAIONミュージカル 第7回公演

「空の向こうの物語」


2018年
3月10日(土)
1回目:開演時刻13:00 
2回目:開演時刻17:30

3月11日(日)
1回目:開演時刻12:00 
2回目:開演時刻16:30

場所 大阪音楽大学 ザ・カレッジ・オペラハウス

入場料 前売:大人2000円 小学生以下1000円
当日:大人2500円 小学生以下1000円 (全席指定)


~あらすじ~
ファッションデザイナーを目指す真奈美は、アパレルメーカーの就職試験にことごとく落ちている。そんなある日、レストランを営む実家に戻り、留守番をしていた彼女はレストランごと竜巻に巻き込まれ、愛犬のトートと共に吹き飛ばされてしまう。着いた先は、真奈美の大好きな物語「オズの魔法使い」の世界だった。


~STAFF~
脚本・作詞・演出/羽鳥三実広
作曲/小島良太 松田ひろ子
編曲/小島良太 松田ひろ子 藤井いづみ
オーケストラ編曲・音源制作/小島良太
音楽監督・歌唱指導/松田ひろ子
振付/橋本亜美
音楽助手・稽古ピアノ/藤井いづみ 齊藤まり子

共催:豊中市 学校法人大阪音楽大学


今年度は日程が週末、各組2回ずつの公演となります。
昨年まで来ていただいている皆様はもちろん、さらにより多くのお客様に足をお運び頂けるかと思います。
ミュージカルコース生、講師陣、スタッフ一同、日々励んでおりますので、
応援のほど宜しくお願いいたします。
スポンサーサイト

稽古風景

管理人
11 /08 2017
来年3月10日、11日の公演へ向けて、稽古が進んでおります。
新しい曲がどんどん出来上がり、音取り、振付け、また配役のためのオーディションなど、ミュージカルコース生は緊張感のある日々を送っています。

000001-12-1.jpg
000012-11-12.jpg
DSC_5455-2.jpg
DSC_5493-3.jpg
DSC_5559-10.jpg

2017 秋のオープンキャンパス

管理人
10 /13 2017
10月9日、大阪音楽大学では、秋のオープンキャンパスを開催しました。
ミュージカルコースにも体験レッスン、見学のために多くの方にお越しいただきました。
レッスン受講生は、ウォーミングアップ、台詞発声、歌の発声を、学生たちとともに体験し、
その後、学生たちが勉強しているナンバーや、新作ミュージカルの一場面を披露しました。
お越しくださった皆様、ありがとうございました。

1009a.png

1009.png

Vol.11 チームDAION     松田ひろ子

松田ひろ子
09 /18 2017

夏が終わり、後期が始まりました。
皆さんは、有意義な夏を過ごしましたか?
ミュージカル・コースとしては、ゆかた祭りで梅田のお客さんを前にパフォーマンスしたり、
草津の子どもたちのワークショップでアシスタント業務をこなしてくれたり。
夏を振り返ると、皆で乗り切り、とても良い経験をさせてもらったなぁと思います。

そして、9月の集中講義から年度末公演の作品創作に入りました。
今年度の作品は、第2回試演会作品「マダム・オズ」を下敷きに書き直された、2幕ものの作品。
作品タイトル「空からやってきた天使(仮題)」
音楽は「マダム・オズ」同様、やはりクラシック音楽をモチーフに作曲編曲しております。

5年前「マダム・オズ」の音楽を担当したときのことを少しお話したいと思います。
当時私は、「DAIONミュージカルのオリジナル作品らしさ」とは・・・
という事に強くこだわっていました。
全てのナンバーをクラシックのメロディで紡ぐ事を思いつき、
先ず「Sky&Cloud」のテーマ曲が出来ました。
今もこの曲が歌い継がれていることを嬉しく思いますが、
曲を作っている時は結構大変だったのを覚えています。
自由に作曲するのと違い、「こんな感じ・・・」とイメージしたものにハマるクラシック曲を探し、
アレンジし歌詞にはめていかなければなりません。
しかし、クラシック音楽を聴けば聴くほど作品の深さに気付き、
作曲家がどんなことを感じ、伝えたかったのかと考えると、
作業が楽しくなってきました。

そして、今年度はそれをリメイクする。
勿論、新しいナンバーもたくさんあります。
以前と同じナンバーだけど、編曲しなおすものもあります。
集中講義中には、音楽スタッフはもちろん、
皆で「あ~でもない、こ~でもない」と音楽を検討することができ、
とても有意義な時間となったように思います。
特に感じたのは、学生(俳優)が積極的に作品作りに参加してくれていること。
羽鳥さんから「ミュージカル創作は本を2次元から3次元にする作業」と指導がありましたが、
俳優がその作業を積極的にしてくれると、音楽担当としてはイメージが掴みやすい。
却下になることもあるけれど、思い切ってやってくれると、
方向性が良いのか?違うのか?を判断できる。
何が言いたいのかというと、ミュージカルは決して一人では出来ないんだと改めて感じ、
「チームDAION」で創るんだということ。

3月本番まで時間があるようでない。
スタッフも俳優も、今、目の前に与えられている課題、役割にしっかりと向き合い、
個人としても、全体としても少しでもレベルアップできるようにやっていきましょう!
そして、クラシック音楽のように、何年も何十年も歌い継がれる作品を作れますように(笑)!
言うのは自由!夢は大きく!

後期授業が始まりました

管理人
09 /17 2017
オーディションに挑戦したり、台本を読み込んだり、筋トレを欠かさずしたり、
はたまたダイエットに取り組んだり、友達と旅行を楽しんだり・・・・
それぞれの夏休みが終わり、いよいよ後期の授業のスタートです。

201709151.jpg

201709152.jpg

そして、来年3月10、11日の新作公演へ向けての稽古も本格的に始まりました。
熱い稽古場の風景をアップしていきますので、お楽しみに!



daionmusical

徒然(つれづれ)DAION ミュージカル」へ ようこそ!
大阪音楽大学ミュージカルコースのスタッフ陣が、日常の中で感じた事、考えたこと、新たに発見したことを書き連ねていきます。